土地と自由(読み)とちとじゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土地と自由
とちとじゆう
Земля и Воля Zemlya i Volya ロシア語

19世紀ロシアの革命的秘密結社。二度にわたり結成された。
(1)第一次「土地と自由」 1861年の末に、セルノ・ソロビエビッチ、スレプツォフ、オブルチェフなどを中心に、ペテルブルグ、モスクワなどで形成され、ロンドンに亡命中のゲルツェンやオガリョフと連携した。ロシア国内のチェルヌィシェフスキー、国外のバクーニンもこれに関係し、さらに62年末にはポーランドに駐在しているロシア軍の将校とも連絡して農民革命とロシア、ポーランドの革命的提携を図った。しかし、ロシア国内の指導者が逮捕され、ポーランドの蜂起(ほうき)が失敗に終わって、64年春には自然消滅した。
(2)第二次「土地と自由」 1878年ナロードニキの革命家によってつくられた。おもなメンバーは、ナタンソン、ミハイロフ、プレハーノフらで、のちにクラフチンスキーやペロフスカヤも加わった。彼らは「人民の中へ!」(ブ・ナロードV narod !)のスローガンを受け継ぎ、農村に入って農民に蜂起を訴えることを計画した。その後、政府高官や皇帝暗殺をめぐって意見が対立し、テロリズムを肯定する「人民の意志」派と、それを否定しプロパガンダを重視する「チョールヌイ・ペレジェール(全土地割替)」派とに分かれた。[外川継男]
『荒畑寒村著『ロシア革命前史』(1967・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土地と自由の言及

【オガリョフ】より

…56年以降はロンドンでゲルツェンの出版活動に協力,《コロコル》誌を舞台として農民の土地付き解放を主張して初期のナロードニキに影響を与えた。秘密結社〈土地と自由〉の名称と綱領は彼の論文に多くを負っている。自領の農民を無償で解放したことでも知られる。…

【ナロードニキ】より

…歴史的にはこれは一種の農村調査,偵察だとみることができる。ここで得た認識に基づいて,76年〈土地と自由〉結社が生まれた。抽象的な社会主義を説くのでなく,民衆がすでに自覚している要求である〈土地と自由〉をかかげて,強固な秘密結社をつくり,半インテリとして農村に定住して宣伝組織工作をする。…

【プレハーノフ】より

…小地主の家に生まれ,鉱業専門学校在学中にナロードニキ革命思想に接して運動に入る。結社〈土地と自由〉の理論的指導者となり,結社の分裂(1879)にさいして〈土地総割替〉派に属する。亡命してマルクス主義に転じ,1883年ジュネーブに労働解放団を同志とともに創設,《社会主義と政治闘争》(1883)によって,ロシア・マルクス主義の理論を確立,《われわれの意見の相違》(1885)において,ロシア資本主義化論の先駆的分析をおこなった。…

※「土地と自由」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android