コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人造バター ジンゾウバター

デジタル大辞泉の解説

じんぞう‐バター〔ジンザウ‐〕【人造バター】

マーガリンのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんぞうバター【人造バター】

マーガリン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人造バター
じんぞうばたー

マーガリンのこと。植物油などを原料にして人工的につくられた油脂食品で、もともとはバターの代用品としてつくられた。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の人造バターの言及

【マーガリン】より

…マーガリンの語源はギリシア語margaritēsで〈真珠〉の意であるが,乳化の色が真珠の色に似ていることに由来するといわれる。日本で最初に製造されたのは1908年であるが,当初は人造バターの名で呼ばれた。最近は品質の改良が進んで,消費量は増加している。…

※「人造バター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人造バターの関連キーワードユニリーバ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android