コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁万 にま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁万
にま

島根県中部,大田市北西部の旧町域。日本海に面する。 1936年町制施行。 1954年宅野村,大国村,馬路村と合体して仁摩町となり,2005年大田市と合体。近海漁業の基地で水産加工業が盛ん。古くから開拓され,条里制の名残りが地割,地名などにみられ,『和名抄』にも「仁間ノ津」の名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

仁万の関連キーワード仁摩[町]内垣 末吉大田(市)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android