コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁摩 にま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁摩
にま

島根県中部,大田市北西部の旧町域。日本海に臨む。 1954年仁万町と宅野村,大国村,馬路村の3村が合体して仁摩町が発足。 2005年大田市,温泉津町と合体して大田市となる。海沿いにある仁万イワシ,サバ,シイラなど近海漁業の基地。内陸の大国ではショウガを特産。 1964年に町営養豚センターが開設され多頭飼育を導入,畜産も発展した。北部は海岸砂丘が広がり,「鳴り砂」で知られる琴ヶ浜仁摩サンドミュージアム,湯迫温泉などの観光地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁摩
にま

島根県中北部、邇摩(にま)郡にあった旧町名(仁摩町(ちょう))。現在は大田(おおだ)市の中部を占める地域。旧仁摩町は、1954年(昭和29)仁万(にま)町(1936年町制)と宅野(たくの)、大国(おおぐに)、馬路(まじ)の3村が合併して成立。新町名は中心地区の仁万と郡名からとった。2005年(平成17)大田市に合併。JR山陰本線、国道9号が通じる。南部は城上(きがみ)山、高山(499メートル)などからなる山地、北部は日本海に面し海岸砂丘が発達する。農林業のほか、仁万漁港などでは一本釣り中心の沿岸漁業が行われる。中世の仁満郷の地。近世は幕府領で大森代官所支配地であり、馬路港は石見(いわみ)銀山の積出し港であった。日本海沿いの琴ヶ浜は鳴り砂で知られる。[石橋忠男]
『『仁摩町誌』(1972・仁摩町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仁摩の関連キーワード石見銀山遺跡と文化的景観島根県大田市仁摩町天河内島根県大田市石見銀山遺跡大谷 省三大田(市)安井 好尚安井好尚高松伸砂時計

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁摩の関連情報