コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地割 じわり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地割
じわり

耕地,宅地,山林などを一定基準で区画すること。古代日本には条里制があり,明治以後は地割の一区画ごとに地字,地番を付しているが,江戸時代には特殊な地割の制度もみられた。すなわち村内の土地を共有し,一定面積に分けて村民に割当て,一定年限ごとに割替えるもので,地割制度とか,割替制度と呼び,水害の多い地方などにほぼ全国的に分布,貢租負担,土地利用の平等化を目的とした。村落共同体の慣行として行われる場合と藩の制度として行われる場合があった。郷町などには町割と称する地割がみられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐わり〔ヂ‐〕【地割(り)】

[名](スル)土地をある基準に基づいて区画し、割り振りをすること。ちわり。「露店の出店者を集めて地割りする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

地割の関連キーワード西和賀町立川村美術館・デッサン館矢巾町歴史民俗資料館埼玉県入間郡三芳町タウンシップ制地割り・地割大原幽学遺跡土地割替制度交野[市]割地・地割近江盆地割地制度田村 浩倉吉平野門割制度赤磐市田分け蒲生野三津浜勘定所平城京

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地割の関連情報