コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁宣の治 じんせんのちRen-xuan; Jên-hsüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁宣の治
じんせんのち
Ren-xuan; Jên-hsüan

中国,明の仁宗宣宗 (→宣徳帝 ) の政治 (1424~35) をいう。仁宗は永楽帝長子で,即位後,楊士奇楊溥 (ふ) らいわゆる三楊を重用し,靖難の変後の民心の融和に努めたが,在位はわずかに8ヵ月であった。宣宗は仁宗の長子で父の政治を受継ぎ,内治に努めた。対外的にはモンゴル北東部のウリヤンハイを討ったが,永楽帝の対外積極策のあとをうけつつ,内政の充実をはかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android