仁宣の治(読み)じんせんのち(英語表記)Ren-xuan; Jên-hsüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁宣の治
じんせんのち
Ren-xuan; Jên-hsüan

中国,明の仁宗宣宗 (→宣徳帝 ) の政治 (1424~35) をいう。仁宗は永楽帝長子で,即位後,楊士奇楊溥 (ふ) らいわゆる三楊を重用し,靖難の変後の民心の融和に努めたが,在位はわずかに8ヵ月であった。宣宗は仁宗の長子で父の政治を受継ぎ,内治に努めた。対外的にはモンゴル北東部のウリヤンハイを討ったが,永楽帝の対外積極策のあとをうけつつ,内政の充実をはかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android