コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊士奇 ようしきYang Shi-qi; Yang Shih-ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊士奇
ようしき
Yang Shi-qi; Yang Shih-ch`i

[生]至正25(1365)
[没]正統9(1444)
中国,明の政治家。泰和 (江西省) の人。名は寓。字は士奇,僑仲。号は東里先生。諡は文貞。建文1 (1399) 年翰林院に入り,『太祖実録』の編集に従事し,永楽帝の即位とともに内閣の制が設けられると,入閣して政務に参画,また東宮監国として皇太子の補導に任じた。その後,永楽,洪煕,宣徳正統の4朝に歴任し,その間,左春坊大学士,礼部左侍郎兼華蓋殿大学士,兵部尚書などを経て少師に進んだ。楊栄楊溥 (ようふ) とともに三楊と称され,内閣の権を確立した。『歴代名臣奏議』『三朝聖諭録』 (3巻) ,『文淵閣書目』 (20巻) などの編著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようしき【楊士奇 Yáng Shì qí】

1365‐1444
中国,明前期の政治家,学者。名は寓,字は士奇,号は東里。泰和(江西省)の人。建文帝のとき翰林院に入り,永楽帝が即位して宮中に内閣の制を設けると選ばれて入閣し,政治の機務に参画した。以後,永楽,洪熙,宣徳,正統の4朝に歴仕し,内閣に在ること43年,洪熙帝,宣徳帝善政は楊士奇に負うところが大である。正統帝が9歳で即位し,太皇太后摂政となると,同じく閣臣であった楊栄,楊溥(ようふ)とともにこれを補佐して〈三楊〉とうたわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の楊士奇の言及

【永楽大典】より

…総合文献集としての性格も濃い。明の成祖(永楽帝)は即位まもなく,1403年(永楽1),解縉(かいしん)(1369‐1415),楊士奇ら文人たちを翰林に入れ,太古以来の全書籍から必要事項を網羅した大類書の作成を命じた。翌年完成した書物は《文献大成》と名づけられたが,帝の意にみたず,姚広孝をはじめさらに多くの学者と2000人以上の筆写人が動員され,1405年から08年冬まで増訂が行われた。…

※「楊士奇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楊士奇の関連キーワード仁宣の治永楽大典李東陽王振

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android