コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁礼景範 にれ かげのり

2件 の用語解説(仁礼景範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁礼景範 にれ-かげのり

1831-1900 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)2年2月24日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。慶応3年アメリカに留学。海軍にはいり,明治18年海軍中将。25年第2次伊藤内閣の海相。枢密顧問官。明治33年11月22日死去。70歳。通称は平輔,源之丞。姓は「にれい」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仁礼景範

没年:明治33.11.22(1900)
生年:天保2.2.24(1831.4.6)
明治期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士。慶応3(1867)年米国に留学し,帰国後兵部省,海軍省に出仕。中堅幹部として横須賀提督府などに勤務。東海鎮守府長官,中艦隊司令官を歴任。明治16(1883)年12月樺山資紀の海軍大輔就任後,樺山と共に海軍省軍事部設置に努力,17年2月設置後,部長に就任した。軍事部へ権限を集中するなど海軍省の機構改革に尽くす。17,18年鎮守府,石炭庫の設置など海軍の役割と具体策を定めるために日本沿海を巡視した。18年中将に進む。東アジア情勢激化を理由に,大規模な海軍軍拡を要求し,19年3月参謀本部海軍部次長に就任したのちも,海軍拡張を強硬に主張した。第1次松方正義内閣では,薩摩閥重鎮として松方への退陣勧告に加わり,25年8月第2次伊藤博文内閣では海軍大臣に就任した。また11年4月から約2年8カ月海軍兵学校校長を務め,時勢にあわなくなった海軍兵学校規則を全面的に改正した。24年6月から約1年2カ月海軍大学校校長。教え子には島村速雄,加藤友三郎,小笠原長生らがいる。<参考文献>佐々木隆『藩閥政府立憲政治』,海軍教育本部編『帝国海軍教育史』1・5巻,松下芳男『日本軍閥の興亡』上

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁礼景範の関連キーワード伊集院兼寛安保清康伊地知彦次郎伊集院五郎伊集院俊実吉安純鮫島員規野間口兼雄橋元正明原田宗介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone