コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁誉法親王 にんよほうしんのう

1件 の用語解説(仁誉法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁誉法親王 にんよほうしんのう

1340-? 南北朝時代,恒明(つねあき)親王の王子。
暦応(りゃくおう)3=興国元年生まれ。母は洞院実泰(とういん-さねやす)の娘。延文元=正平(しょうへい)11年出家して覚誉(かくよ)入道親王の跡をつぎ,天台宗聖護院の門跡(もんぜき)となる。康安元=正平16年園城寺(おんじょうじ)長吏。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仁誉法親王の関連キーワードイワン興国緩和ケア外国人観光客首都圏の待機児童日本でのハロウィーン延元興国常福寺イワン・カリタ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone