コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今尾景年 いまお けいねん

美術人名辞典の解説

今尾景年

日本画家。京都生。名は永勧、字は子裕、景年は号、別号に聊自楽居。初め浮世絵師梅川東居に師事、のち鈴木百年に四条円山派を学ぶ。花鳥画を得意とし国内外の博覧会で多数受賞するなど高い評価を得た。帝室技芸員・文展審査員・帝国美術院会員。大正13年(1924)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今尾景年 いまお-けいねん

1845-1924 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)2年8月12日生まれ。鈴木百年にまなぶ。明治28年京都後素協会委員長となる。シカゴ,パリなどの万博で受賞。37年帝室技芸員,大正8年帝国美術院会員。大正13年10月5日死去。80歳。京都出身。名は永勧。字(あざな)は子裕。別号に聊自楽。作品に「松間朧月図」「四季花鳥」など。画譜に「景年花鳥画譜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

今尾景年

没年:大正13.10.5(1924)
生年:弘化2.8.12(1845.9.13)
明治大正期の日本画家。京都,友禅の染屋の家に生まれる。幼名猪三郎,のち永勧,字は子裕,別号聊自楽。梅川東居に浮世絵を学んだのち,明治6(1873)年鈴木百年に入門。明治前期の京都画壇で実力を誇った鈴木派にあって,鈴木松年,久保田米僊とならび称された。28年京都後素協会(旧如雲社)設立に際しては委員長となり,37年帝室技芸員,大正8(1919)年帝国美術院会員となる。この間,明治24年『景年花鳥画譜』4冊を刊行,26年シカゴ万博で名誉賞牌,33年パリ万博で銀牌,37年セントルイス万博金牌と,精緻で写実的な花鳥画は海外でも高い評価を得た。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今尾景年の関連キーワード海野 美盛(2代目)伊達弥助(5代)西村 総左衛門西村総左衛門木島 桜谷上田 万秋松村 梅叟小林 呉嶠大正時代畑 仙齢野沢如洋小林呉嶠松村梅叟今井景樹木島桜谷今尾景祥上田万秋海野美盛

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今尾景年の関連情報