コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今尾景年 いまお けいねん

3件 の用語解説(今尾景年の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今尾景年

日本画家。京都生。名は永勧、字は子裕、景年は号、別号に聊自楽居。初め浮世絵師梅川東居に師事、のち鈴木百年に四条円山派を学ぶ。花鳥画を得意とし国内外の博覧会で多数受賞するなど高い評価を得た。帝室技芸員・文展審査員・帝国美術院会員。大正13年(1924)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今尾景年 いまお-けいねん

1845-1924 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)2年8月12日生まれ。鈴木百年にまなぶ。明治28年京都後素協会委員長となる。シカゴ,パリなどの万博で受賞。37年帝室技芸員,大正8年帝国美術院会員。大正13年10月5日死去。80歳。京都出身。名は永勧。字(あざな)は子裕。別号に聊自楽。作品に「松間朧月図」「四季花鳥」など。画譜に「景年花鳥画譜」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今尾景年

没年:大正13.10.5(1924)
生年:弘化2.8.12(1845.9.13)
明治大正期の日本画家。京都,友禅の染屋の家に生まれる。幼名猪三郎,のち永勧,字は子裕,別号聊自楽。梅川東居に浮世絵を学んだのち,明治6(1873)年鈴木百年に入門。明治前期の京都画壇で実力を誇った鈴木派にあって,鈴木松年,久保田米僊とならび称された。28年京都後素協会(旧如雲社)設立に際しては委員長となり,37年帝室技芸員,大正8(1919)年帝国美術院会員となる。この間,明治24年『景年花鳥画譜』4冊を刊行,26年シカゴ万博で名誉賞牌,33年パリ万博で銀牌,37年セントルイス万博金牌と,精緻で写実的な花鳥画は海外でも高い評価を得た。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今尾景年の関連キーワード木村雨山鈴木松僊後藤紀一上野為二神阪松濤柴廼戸下蔭千種掃雲広瀬治助皆川月華山田栄一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今尾景年の関連情報