コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今尾清香 いまお きよか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今尾清香 いまお-きよか

1805-1873 幕末-明治時代の国学者。
文化2年5月28日生まれ。江戸で橘守部にまなぶ。天保(てんぽう)3年故郷の下野(しもつけ)(栃木県)足利にもどり私塾をひらき,門人は800人余にものぼったという。明治6年4月24日死去。69歳。通称は逸平。別姓に奥河内。別号に瞿麦園。著作に「源氏物語萍中の月」「足利職人尽歌合」「賤環歌集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今尾清香の関連キーワード奥河内清香今尾祐迪明治時代国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android