コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今岡通任 いまおか みちとう

1件 の用語解説(今岡通任の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今岡通任 いまおか-みちとう

?-? 南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)越智(おち)郡能島を本拠とする。元弘(げんこう)の乱では後醍醐(ごだいご)天皇方につき,正慶(しょうきょう)2=元弘3年(1333)長門(ながと)探題金沢(かねざわ)(北条)時直の水軍を鞆(とも)の沖でやぶる。建武(けんむ)政権崩壊後は南朝方として細川頼之に攻められた河野通尭(みちたか)を義父(一説には義兄)の村上義弘とたすけ,大宰府の懐良(かねよし)親王にしたがった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone