コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今岡通任 いまおか みちとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今岡通任 いまおか-みちとう

?-? 南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)越智(おち)郡能島を本拠とする。元弘(げんこう)の乱では後醍醐(ごだいご)天皇方につき,正慶(しょうきょう)2=元弘3年(1333)長門(ながと)探題金沢(かねざわ)(北条)時直の水軍を鞆(とも)の沖でやぶる。建武(けんむ)政権崩壊後は南朝方として細川頼之に攻められた河野通尭(みちたか)を義父(一説には義兄)の村上義弘とたすけ,大宰府の懐良(かねよし)親王にしたがった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今岡通任の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android