コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今様歌 イマヨウウタ

大辞林 第三版の解説

いまよううた【今様歌】

平安中期に起こり鎌倉時代にかけて流行した新しい歌謡。短歌形式のものや七・五の一二音の句四句からなるものなどがあり、特に後者が代表的。白拍子・傀儡女くぐつめ・遊女などにより歌われたもので、貴族の間にも流行した。後白河法皇の手で「梁塵秘抄」に集成された。今様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の今様歌の言及

【今様】より

…平安中期までに成立し,鎌倉初期にかけて流行した歌謡。今様とは,一般的に現代風というほどの意味で,歌曲を指して特に今様歌という場合もある。この語が文献上に初めて現れるのは《紫式部日記》の寛弘5年(1008)8月の条で,同時代の《枕草子》にも見えることから,一条天皇(在位986‐1011)時代にはすでに行われていたことが確認できる。…

※「今様歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今様歌の関連キーワード千原 しのぶ後白河法皇二川相近読経争ひ梁塵秘抄伊呂波歌白石千別法文の歌とりな歌今様合せ催馬楽七五調今様合白拍子曲付く粉河寺和讃遊女神歌郢曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android