コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今泉みね いまいずみ みね

2件 の用語解説(今泉みねの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今泉みね いまいずみ-みね

1855-1937 幕末-昭和時代前期の女性。
安政2年3月3日生まれ。7代桂川甫周の次女。明治6年今泉利春と結婚,27年死別。昭和10年81歳のとき,蘭医の家に生まれて幕末維新期を体験した半生をかたり,息子源吉が聞き書きの形で雑誌「みくに」に連載,のち「名ごりの夢」にまとめられた。昭和12年4月10日死去。83歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今泉みね

没年:昭和12.4.10(1937)
生年:安政2.3.3?(1855.4.19)
江戸末期の将軍家お抱えの蘭方医桂川甫周と妻久邇の次女。江戸生まれ。14歳で江戸幕府の瓦解に遭遇し,のち,明治の医学教育の祖とされる石井謙道の世話で司法省出仕の今泉利春に嫁したが,明治27(1894)年子供を抱えて寡婦となった。81歳のおり,子息源吉の勧めで自身の半生を回想・口述,『名ごりの夢』と題されて出版されている。歴史に翻弄され必ずしも平穏ではなかった苦しい生涯が,老いを迎えて濾過され,少女ならではの感性と視線のもとに蘇っていて,正史に描かれない時代の一面が活写され,珠玉の維新史と評価されている。<著作>『名ごりの夢』(東洋文庫)

(本田和子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今泉みねの関連キーワード桂川甫賢戸塚静海桂川甫三桂川甫周(1)桂川甫周(2)桂川甫筑(2)桂川甫筑(3)桂川甫筑(4)鈴木周一十束井斎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今泉みねの関連情報