コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今西林三郎 いまにし りんざぶろう

2件 の用語解説(今西林三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今西林三郎 いまにし-りんざぶろう

1852-1924 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)5年2月5日生まれ。明治15年大阪同盟汽船取扱会社をつくったのち,大阪商船の設立に尽力。阪神電鉄など30余の会社の経営にかかわる。大阪三品取引所理事長。大正4年衆議院議員。大正13年8月27日死去。73歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。三菱会社商業学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今西林三郎

没年:大正13.8.27(1924)
生年:嘉永5.2.5(1852.2.24)
明治大正期の実業家。今西権四郎の5男。伊予国(愛媛県)生まれ。三菱会社商業学校を卒業して一時三菱会社員となったが,のち独立して大阪で廻漕問屋を経営。明治16(1883)年大阪同盟汽船取扱会社社長,大阪商船と合併後も創業の中心人物として活躍した。22年同社を辞して,石炭問屋および綿糸商を開業,関西屈指の豪商となった。25年山陽鉄道支配人,26年阪神電鉄の創立に参加し,31年会社設立後,永く取締役ないし専務取締役を歴任した。三十有余の企業に関係し,この間大阪商業会議所,大阪三品取引所の創立にも参画。大阪三品取引所理事長および大阪商業会議所会頭を務めた。大阪市会議員を経て大正4(1915)年愛媛県より衆院選挙に出て当選。<参考文献>小松光雄編『今西林三郎遺文録』

(武知京三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今西林三郎の関連キーワード大原孫三郎石本権四郎川喜田四郎兵衛菊池長四郎久保田権四郎滝信四郎仲尾権四郎鳴海文四郎松原権四郎安川清三郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone