今西正立斎(読み)いまにし しょうりゅうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今西正立斎 いまにし-しょうりゅうさい

1683-1761 江戸時代中期の医師,神職。
天和(てんな)3年生まれ。摂津豊島(てしま)郡(大阪府)浜村の春日神社社家をつぐ。医術を藤井三淳にまなび,のち大坂で開業。儒学は五井持軒らに師事し,詩文もよくした。宝暦11年7月29日死去。79歳。名は玄芳。字(あざな)は陽甫。別号に白野。著作に「江南詩祖」「豊島郡誌」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android