仏日庵公物目録(読み)ぶつにちあんこうもつもくろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏日庵公物目録
ぶつにちあんこうもつもくろく

北条時宗が開山した鎌倉円覚寺の塔頭 (たっちゅう) 仏日庵財産目録公物は「こうぶつ」とも読む。元応2 (1320) 年の目録を基に貞治2 (63) 年に住持法清が増減を付加した巻子本 (かんすぼん) 。同庵所蔵の頂相 (ちんぞう) ,絵画,墨跡法衣陶磁器漆器などの品名を列記。その多くは中国からの将来品と推定される。宋元画に関する最初の文献として貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android