仏日庵公物目録(読み)ぶつにちあんこうもつもくろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏日庵公物目録
ぶつにちあんこうもつもくろく

北条時宗が開山した鎌倉円覚寺の塔頭 (たっちゅう) 仏日庵財産目録公物は「こうぶつ」とも読む。元応2 (1320) 年の目録を基に貞治2 (63) 年に住持法清が増減を付加した巻子本 (かんすぼん) 。同庵所蔵の頂相 (ちんぞう) ,絵画,墨跡法衣陶磁器漆器などの品名を列記。その多くは中国からの将来品と推定される。宋元画に関する最初の文献として貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android