仕懸文庫(読み)シカケブンコ

デジタル大辞泉の解説

しかけぶんこ【仕懸文庫】[書名]

洒落本。1冊。山東京伝作・画。寛政3年(1791)刊。江戸深川仲町の岡場所の風俗を描く。

しかけ‐ぶんこ【仕懸(け)文庫】

《「文庫」は箱の意》江戸深川の遊里で、遊女の着替えを入れて持ち運ぶための手箱。
[補説]書名別項。→仕懸文庫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android