コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕覚 シガク

デジタル大辞泉の解説

し‐がく【仕覚】

[名](スル)
才覚。くふう。やりくり。
「京へまた出て生活(くら)すように―しよう」〈露伴・椀久物語〉
たくわえ。用意。
「三年越しの長煩ひだから―がねえと思ひなせえ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しがく【仕覚】

才覚。くふう。 「家でも拵へる-をしてお呉れ/にごりえ 一葉
準備。たくわえ。 「始末-もない時節かの武兵衛が尋ね来て/浄瑠璃・八百屋お七」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仕覚の関連キーワード八百屋お七にごりえ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android