コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付法(読み)ふほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付法
ふほう

仏教用語。師が弟子教法を授けること。この伝授の連続は付法相承といわれ,その印として衣鉢を授けたり,付法の証明書である印信 (いんじん) を与えたりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ほう〔‐ホフ〕【付法】

師が弟子に教えを授け、後世に伝えさせること。また、教えを授けられた弟子。「付法相承」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふほう【付法】

〘仏〙 師が弟子に教法を伝え、教法の維持と布教を託すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付法の関連情報