コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付法 ふほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付法
ふほう

仏教用語。師が弟子に教法を授けること。この伝授の連続は付法相承といわれ,その印として衣鉢を授けたり,付法の証明書である印信 (いんじん) を与えたりする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ほう〔‐ホフ〕【付法】

師が弟子に教えを授け、後世に伝えさせること。また、教えを授けられた弟子。「付法相承」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふほう【付法】

〘仏〙 師が弟子に教法を伝え、教法の維持と布教を託すこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付法の関連情報