コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)火 ツケビ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐び【付(け)火】

建物などに故意に火をつけること。また、それによって起こる火事放火

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の付(け)火の言及

【放火】より

…【勝俣 鎮夫】
[近世]
 戦国時代には焼打,自焼が頻繁に行われたが,太平の世に移るとこれらはごくまれになった。江戸時代,放火は火付(ひつけ)あるいは付火(つけび)と称し,重大な犯罪の一つとされていた。消防力の未発達な当時にあって,いったん火災が発生すれば,ことに都市においては甚大な被害がもたらされたから,失火・放火の防止は社会的な課題であった。…

※「付(け)火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

付(け)火の関連キーワード自分仕置令火あぶり火焙建物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android