コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙化 せんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙化 せんか

?-? 江戸時代前期の俳人。
江戸の人。松尾芭蕉(ばしょう)の門人貞享(じょうきょう)3年(1686)「蛙合(かわずあわせ)」を編む。同集中,芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」に対してよんだ「いたいけに蝦(かはづ)つくばふ浮葉哉(かな)」の句がある。別号に青蟾堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仙化の関連キーワード道教/道教の神々入江道仙荘子老子道教俳人浩然

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android