コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石政俊 せんごく まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石政俊 せんごく-まさとし

1617-1674 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)3年7月9日生まれ。仙石忠政の長男。寛永5年信濃(しなの)(長野県)上田藩主仙石家2代となる。灌漑(かんがい)用の長池の築堤などの領内整備,税制改革をすすめた。延宝2年7月24日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の仙石政俊の言及

【上田藩】より

…信濃国(長野県)上田に藩庁を置いた譜代中藩。この地方出身の土豪真田昌幸が,1584年(天正12)上田に城を築き,翌年豊臣秀吉に随身することによって領主の地位を安定させた。これが上田藩の起りである。関ヶ原の戦には,昌幸と次男信繁(幸村)は西軍に属し,中山道を進もうとする徳川秀忠軍3万余を釘づけにして武名をあげたが,戦後は紀州の九度山に幽閉され,上田領は長男信之に与えられた。信之は父弟と分かれ,東軍に従って功があったからである。…

※「仙石政俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙石政俊の関連キーワード仙石政明元和

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android