税制改革(読み)ぜいせいかいかく(英語表記)tax reform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税制改革
ぜいせいかいかく
tax reform

社会経済情勢に合わせて,税制の構造もその時々の財政需要に耐えうるものにするために,新税の導入や既存税の税率・控除の変更などを行なうこと。最近では,所得税の大幅減税に加え,高齢化社会の到来に備えて,安定財源確保の趣旨から 1989年4月に消費税が導入されており,所得税の大幅減税を抱き合わせたこれら一連の改革は,戦後のシャウプ税制以来の抜本的な税制改革といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

税制改革の関連情報