コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税制改革 ぜいせいかいかくtax reform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税制改革
ぜいせいかいかく
tax reform

社会経済情勢に合わせて,税制の構造もその時々の財政需要に耐えうるものにするために,新税の導入や既存税の税率・控除の変更などを行なうこと。最近では,所得税の大幅減税に加え,高齢化社会の到来に備えて,安定財源確保の趣旨から 1989年4月に消費税が導入されており,所得税の大幅減税を抱き合わせたこれら一連の改革は,戦後のシャウプ税制以来の抜本的な税制改革といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

税制改革の関連キーワード地方自治確立対策協議会ワシントンコンセンサスハイル・アッディーンM. エルツベルガー社会保険診療報酬課税企業版ふるさと納税メネリク[2世]ホスロー[1世]ウマル[2世]生野鉱山の暴動レーベントロウ日本工業倶楽部トーダル・マルエルフルト綱領トスカナ大公国クリステンセンラフォレットフィラレート内閣提出法案税制改正大綱

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

税制改革の関連情報