コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税制改革 ぜいせいかいかく tax reform

1件 の用語解説(税制改革の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税制改革
ぜいせいかいかく
tax reform

社会経済情勢に合わせて,税制の構造もその時々の財政需要に耐えうるものにするために,新税の導入や既存税の税率・控除の変更などを行なうこと。最近では,所得税の大幅減税に加え,高齢化社会の到来に備えて,安定財源確保の趣旨から 1989年4月に消費税が導入されており,所得税の大幅減税を抱き合わせたこれら一連の改革は,戦後のシャウプ税制以来の抜本的な税制改革といわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税制改革の関連キーワードマウスポインター合わせて・合せて・併せて裁断社会経済構成体住宅ローン減税チャーチスト間に合せ物合せ金融経済月報空合わせ

税制改革の関連情報