コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代(わ)り目 カワリメ

デジタル大辞泉の解説

かわり‐め〔かはり‐〕【代(わ)り目】

次のものと交替して新しく始まる時。「任期の代わり目」→変わり目

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

代り目

古典落語の演目のひとつ。「銚子の代り目」とも。七代目雷門助六が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、酔っ払い

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわりめ【代り目】

落語。原話は《福三笑(ふくさんしよう)》(1812∥文化9)所収の〈枇杷葉湯(びわようとう)〉。酔って帰った男が寝酒を飲みたがるので,女房は,さかなに屋台のおでんを買いに行く。亭主は通りかかったうどん屋に酒の燗をつけさせ,なにも食わずに追い帰す。女房がこれを聞き,気の毒がってうどん屋を呼ぶ。通行人がうどん屋に教えると,あそこへはゆけないという。〈どうして〉〈いま行ったら,銚子の代り目時分ですから〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone