コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うどん屋

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うどん屋
うどんや / 饂飩屋

うどんを食べさせる店。17世紀後半から生活様式の変化によって、外食の機会が多くなり、そのための飲食店や特定の食品の店ができてきた。その一つにうどん屋がある。当時は多くは自家製の手打ちである。うどん自体は古代からの食品である。上方(かみがた)では「そば」も兼営していた。上方の人々は江戸の人々とは違って、そばよりもうどんを好んだので、「うどんそば」といい、軽食として広まり、店数も19世紀には非常に多くなった。そうした古い伝統をもつ店は、何軒か上方(かみがた)には現在も残っている。また、屋台の担い売りもあり、「夜鳴きうどん」といっていた。これは今日ではない。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

うどん屋の関連キーワード讃岐うどんの心 つるさく手延べうどん むぎの里そば・うどん あずみ博多うどん 木村屋四代目 横井製麺所越後十日町 小嶋屋そばうどん處七福うどん茶屋 北斗麺処 あしかりはなまるうどん名代 富士そばオモロー山下夜鳴き饂飩楽釜製麺所香の川製麺岩田 きぬ山田うどん繁昌うどん御木本幸吉ウエスト

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うどん屋の関連情報