コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うどん屋

デジタル大辞泉プラスの解説

うどん屋

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。三代目柳家小さんによって東京に移された。「風うどん」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うどん屋
うどんや / 饂飩屋

うどんを食べさせる店。17世紀後半から生活様式の変化によって、外食の機会が多くなり、そのための飲食店や特定の食品の店ができてきた。その一つにうどん屋がある。当時は多くは自家製の手打ちである。うどん自体は古代からの食品である。上方(かみがた)では「そば」も兼営していた。上方の人々は江戸の人々とは違って、そばよりもうどんを好んだので、「うどんそば」といい、軽食として広まり、店数も19世紀には非常に多くなった。そうした古い伝統をもつ店は、何軒か上方(かみがた)には現在も残っている。また、屋台の担い売りもあり、「夜鳴きうどん」といっていた。これは今日ではない。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

うどん屋の関連キーワード讃岐うどんの心 つるさく手延べうどん むぎの里そば・うどん あずみ博多うどん 木村屋越後十日町 小嶋屋四代目 横井製麺所うどん茶屋 北斗そばうどん處七福名代 富士そばはなまるうどん麺処 あしかりオモロー山下香の川製麺夜鳴き饂飩山田うどん岩田 きぬ御木本幸吉楽釜製麺所繁昌うどん丸亀製麺

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うどん屋の関連情報