コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枇杷葉湯 ビワヨウトウ

デジタル大辞泉の解説

びわよう‐とう〔ビハエフタウ〕【××杷葉湯】

乾燥したビワの葉などの煎じ汁。暑気あたりや下り腹などに用いた。京都烏丸に本舗があり、夏、江戸で、試飲させながら行商した。 夏》
《宣伝のため路上で1をだれにでも飲ませたところから》浮気。多情。また、そういう人。
「てめえの―は棚へあげて」〈洒・四十八手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びわようとう【枇杷葉湯】

薬の名。枇杷の葉・肉桂・甘茶などを細かく切ってまぜあわせたものを煎せんじた汁で、暑気払いや急性の下痢などに用いた。京都烏丸の本店で売り出したが、江戸では宣伝用に路上などで往来の人にただでふるまった。
が誰にでもふるまわれたことから〕 多情。多淫。また、その者。 「手めえの-は棚へあげて/洒落本・傾城買四十八手」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の枇杷葉湯の言及

【代り目】より

…落語。原話は《福三笑(ふくさんしよう)》(1812∥文化9)所収の〈枇杷葉湯(びわようとう)〉。酔って帰った男が寝酒を飲みたがるので,女房は,さかなに屋台のおでんを買いに行く。…

※「枇杷葉湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枇杷葉湯の関連キーワード傾城買四十八手暑気あたり暑気払い代り目薬売り

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枇杷葉湯の関連情報