枇杷葉湯(読み)ビワヨウトウ

  • (通称)
  • ×枇×杷葉湯
  • びわはのゆ
  • びわようとう ビハエフタウ
  • びわようとう〔ビハエフタウ〕

デジタル大辞泉の解説

乾燥したビワの葉などの煎じ汁。暑気あたりや下り腹などに用いた。京都烏丸に本舗があり、夏、江戸で、試飲させながら行商した。 夏》
《宣伝のため路上で1をだれにでも飲ませたところから》浮気。多情。また、そういう人。
「てめえの―はへあげて」〈洒・四十八手〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 枇杷の葉の毛をとって乾燥させたものに、肉桂や甘茶などを細かく切ってまぜた散薬、またそれを煎じた汁。食傷・暑気あたり・急性痢病などに効くという。京都烏丸に本舗があり、江戸では馬喰町三丁目で山口屋又三郎が販売した。「本家京都烏丸、枇杷葉湯山口屋又三郎」と記した長方形の箱の中に茶釜・茶碗などを入れ、天秤で担いで、往来で煎じて飲ませた。また、夏期には、烏丸の本舗および江戸の取次店では店頭に調製しておいたものを通行人に無料で飲ませた。からすまる。《季・夏》 〔和漢三才図会(1712)〕
② (①は、宣伝のため、薬種店の店頭や行商の路上で往来の人々に無料で飲ませたので、だれにでもふるまうという意から) 多情。浮気。また、そのような人。
※洒落本・傾城買四十八手(1790)やすひ手「手めへの枇杷葉湯(ビワヨウトウ)は棚へあげて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の枇杷葉湯の言及

【代り目】より

…落語。原話は《福三笑(ふくさんしよう)》(1812∥文化9)所収の〈枇杷葉湯(びわようとう)〉。酔って帰った男が寝酒を飲みたがるので,女房は,さかなに屋台のおでんを買いに行く。…

※「枇杷葉湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android