代助郷(読み)だいすけごう

精選版 日本国語大辞典「代助郷」の解説

だい‐すけごう ‥すけガウ【代助郷】

〘名〙 江戸時代、特助郷が、災害疲弊などのために一部、または、全部その役負担を免除された際、その分の代勤を命ぜられた助郷。新たに助郷が指定される場合と、在来の助郷に追加して分割負担される場合とがあった。
※道中秘書‐四・享保二年(1717)一〇月九日(古事類苑・政治九八)「助郷免除代助郷申付候手続」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「代助郷」の解説

だい‐すけごう〔‐すけガウ〕【代助郷】

江戸時代、定(じょう)助郷村が災害などのため役(えき)負担を免除された際、その分の負担を課せられた村。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の代助郷の言及

【助郷】より

…また,窮迫した定助村が休役を願うことが宝暦期(1751‐64)には広範化し,代りに指名される村との間での争論も増大した。代りに務める代助郷は一般に遠隔地のため,代金納にすることが多かった。この人馬請負の稼ぎと宿助郷の負担軽減のため宿駅,定助は助郷拡大を望み,また幕府も定助を補う加(か)助郷,増(まし)助郷,当分助郷などの諸種の助郷を設け宿駅制維持に努め,これらに指定される村と宿,定助との対立もしばしば発生した。…

※「代助郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android