コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代助郷 ダイスケゴウ

大辞林 第三版の解説

だいすけごう【代助郷】

江戸時代、大人数の通行や災害などのために定助郷じようすけごうだけでは人員をまかないきれないとき、臨時に指名される助郷。 → 助郷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の代助郷の言及

【助郷】より

…また,窮迫した定助村が休役を願うことが宝暦期(1751‐64)には広範化し,代りに指名される村との間での争論も増大した。代りに務める代助郷は一般に遠隔地のため,代金納にすることが多かった。この人馬請負の稼ぎと宿助郷の負担軽減のため宿駅,定助は助郷拡大を望み,また幕府も定助を補う加(か)助郷,増(まし)助郷,当分助郷などの諸種の助郷を設け宿駅制維持に努め,これらに指定される村と宿,定助との対立もしばしば発生した。…

※「代助郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

代助郷の関連キーワード江戸時代助郷

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android