コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定助郷 ジョウスケゴウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐すけごう〔ヂヤウすけガウ〕【定助郷】

江戸時代、宿駅の常備人馬が不足した際に、その補充を常時義務づけられた近隣郷村定助

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうすけごう【定助郷】

江戸時代の助郷の一。宿駅の人馬の補給を義務づけられた村。定付じようつけ。本助郷。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の定助郷の言及

【助郷】より

…幕府直轄の五街道のうち往来のさかんな東海道,美濃路では,恒常的な助馬助成を特定の村に依存する必要が早くから生じ,1637年(寛永14)には幕府や諸藩がそれぞれの領内宿駅に助馬村を定めている。その後寛文期(1661‐73)に中山道,日光道中をも加え,助馬村の恒常的な制度化としての定(じよう)助(定助郷)を生み,さらにその後定助では不足のときに人馬を補う村を定め,これを大(だい)助と呼んだ。しかし,これらの助郷は支配関係にとらわれ,宿駅近くの村を含まないのが一般的で,また村落はすでに小農中心の村に変容しており,そのため幕府は1694年(元禄7)より助郷制改革を断行した。…

※「定助郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定助郷の関連キーワード蔵前入用江戸時代代助郷加助郷助郷補給御油犬伏