コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以翼長佑 いよく ちょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

以翼長佑 いよく-ちょうゆう

1416-1502 室町-戦国時代の僧。
応永23年生まれ。曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺の吾宝宗燦(そうさん),越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺の如仲天誾(じょちゅう-てんぎん),のち近江(おうみ)(滋賀県)洞寿院の川僧慧済(せんそう-えさい)にまなび,慧済の法をつぐ。洞寿院,竜沢寺の住持などをへて,遠江(とおとうみ)(静岡県)に喜見庵をひらいた。文亀(ぶんき)2年4月27日死去。87歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

以翼長佑の関連キーワード攀安知王フェリクス5世上杉禅秀の乱攀安知上杉禅秀の乱鳥居引拙赤松政秀オバンドコスタリカ茶室

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android