コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如仲天誾 じょちゅう てんぎん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如仲天誾 じょちゅう-てんぎん

1365-1437 南北朝-室町時代の僧。
貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年9月5日生まれ。曹洞(そうとう)宗。梅山聞本(ばいさん-もんぽん)に師事し,その法をつぐ。遠江(とおとうみ)(静岡県)に崇信寺,大洞院を開創し,のち能登(のと)(石川県)総持寺にのぼる。永享2年越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺住持となり,同寺を復興した。永享9年2月4日死去。73歳。信濃(しなの)(長野県)出身。俗姓は海野。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

如仲天誾 (じょちゅうてんぎん)

生年月日:1365年9月5日
南北朝時代;室町時代の曹洞宗の禅僧
1440年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

如仲天誾の関連キーワード真巌道空崇芝性岱以翼長佑喜山性讃月因性初物外性応古山崇永大路一遵室町時代生年月日曹洞宗可睡斎南北朝貞治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android