如仲天誾(読み)じょちゅう てんぎん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如仲天誾 じょちゅう-てんぎん

1365-1437 南北朝-室町時代の僧。
貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年9月5日生まれ。曹洞(そうとう)宗。梅山聞本(ばいさん-もんぽん)に師事し,その法をつぐ。遠江(とおとうみ)(静岡県)に崇信寺,大洞院を開創し,のち能登(のと)(石川県)総持寺にのぼる。永享2年越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺住持となり,同寺を復興した。永享9年2月4日死去。73歳。信濃(しなの)(長野県)出身。俗姓は海野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

如仲天誾 (じょちゅうてんぎん)

生年月日:1365年9月5日
南北朝時代;室町時代の曹洞宗の禅僧
1440年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android