コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川僧慧済 せんそう えさい

1件 の用語解説(川僧慧済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川僧慧済 せんそう-えさい

?-1475 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。近江(おうみ)(滋賀県)洞寿院の真巌道空(しんがん-どうくう)の法をつぐ。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)一雲斎,能登(のと)(石川県)総持寺などの住持。講義提唱にすぐれ,講義録「無門関抄」などをのこす。晩年,弟子の逆翁宗順に推されて尾張(おわり)(愛知県)乾坤(けんこん)院の開山(かいさん)となった。文明7年7月9日死去。三河(愛知県)出身。諡号(しごう)は法覚仏恵禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川僧慧済の関連キーワード自然林証誠寺監修料問題ウッチェロオラビ城清原宣賢サボンリンナ心敬大樹寺ボルジア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone