コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川僧慧済 せんそう えさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川僧慧済 せんそう-えさい

?-1475 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。近江(おうみ)(滋賀県)洞寿院の真巌道空(しんがん-どうくう)の法をつぐ。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)一雲斎,能登(のと)(石川県)総持寺などの住持。講義提唱にすぐれ,講義録「無門関抄」などをのこす。晩年,弟子の逆翁宗順に推されて尾張(おわり)(愛知県)乾坤(けんこん)院の開山(かいさん)となった。文明7年7月9日死去。三河(愛知県)出身。諡号(しごう)は法覚仏恵禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川僧慧済の関連キーワード雲窓祖慶大路一遵室町時代以翼長佑慧済曹洞

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android