コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名文字遣 カナモジヅカイ

デジタル大辞泉の解説

かなもじづかい〔かなモジづかひ〕【仮名文字遣】

南北朝時代の仮名遣い書。1巻。行阿(ぎょうあ)(源知行)著。貞治2年(1363)以降の成立。行阿の祖父源親行藤原定家の「拾遺愚草」を清書したとき、定家の承認を得て統一した仮名遣いを、行阿がさらに増補したもの。中世以降、尊重された。定家仮名遣行阿仮名遣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かなもじづかい【仮名文字遣】

仮名遣い書。行阿著。1363年以後成立。藤原定家の「下官集」に準拠し、仮名の書き分けを示す。「を・お、え・ゑ・へ、ひ・い・ゐ、ほ・わ・は・む・う・ふ」の一四項を立て、各項ごとに、その仮名を用いるべき語を列挙したもの。定家仮名遣いと呼ばれ、江戸中期まで歌人の間で用いられた。行阿仮名遣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮名文字遣の関連キーワード和字古今通例全書定家仮名遣い南北朝時代かなづかい実相院歌人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android