仮名文字遣(読み)カナモジヅカイ

デジタル大辞泉の解説

かなもじづかい〔かなモジづかひ〕【仮名文字遣】

南北朝時代の仮名遣い書。1巻。行阿(ぎょうあ)(源知行)著。貞治2年(1363)以降の成立。行阿の祖父源親行藤原定家の「拾遺愚草」を清書したとき、定家の承認を得て統一した仮名遣いを、行阿がさらに増補したもの。中世以降、尊重された。定家仮名遣行阿仮名遣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かなもじづかい【仮名文字遣】

仮名遣い書。行阿著。1363年以後成立。藤原定家の「下官集」に準拠し、仮名の書き分けを示す。「を・お、え・ゑ・へ、ひ・い・ゐ、ほ・わ・は・む・う・ふ」の一四項を立て、各項ごとに、その仮名を用いるべき語を列挙したもの。定家仮名遣いと呼ばれ、江戸中期まで歌人の間で用いられた。行阿仮名遣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かなもじづかい かなモジづかひ【仮名文字遣】

南北朝時代の仮名づかい書。一巻。行阿(源知行)著。貞治二年(一三六三)以後の成立。「下官集」の三組八文字を増補して六組一四文字の仮名づかいについて、具体的な語に即しつつ示したもの。自序に、祖父源親行が定家の「拾遺愚草」を清書したとき統一した仮名遣法を定家の承認をえて、さらに増補したものとある。きわめて尊重され、増補を重ねた。定家仮名遣。行阿仮名遣。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android