行阿(読み)ギョウア

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行阿 ぎょうあ

?-? 鎌倉-南北朝時代の和学者。
源光行(みつゆき)の曾孫。源親行(ちかゆき)の孫。聖覚(しょうかく)(源義行(よしゆき))の子。正和(しょうわ)3年(1314)家学の「源氏物語」研究をうけつぐ。家伝の「水原抄」や「原中最秘抄」を増補・完成させ,祖父が藤原定家(さだいえ)の勧めで着手した草稿に補筆して「仮名文字遣(かなもじづかい)」をあらわした。「新千載和歌集」などの勅撰和歌集に4首はいっている。俗名は源知行(ともゆき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうあ【行阿】

鎌倉末期の歌学者・語学者。本名、源知行。家学の源氏物語研究を継承し、また祖父親行が起稿した仮名遣い書を増補し、「仮名文字遣」を撰述。定家仮名遣い、また行阿仮名遣とも呼ばれて、歌人の間で用いられた。生没年未詳。 → 仮名文字遣かなもじづかい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょうあ ギャウア【行阿】

南北朝の歌学者、国語学者。本名源知行。義行の子。代々の家学である源氏物語研究を受け継ぎ、「原中最秘鈔」を加筆完成。祖父親行が起稿した仮名遣書(藤原定家の校閲を得た、いわゆる「定家仮名遣」によるもの)を増補し、「仮名文字遣(行阿仮名遣)」を撰び、いわゆる「定家仮名遣」を定めた。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android