コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行阿 ギョウア

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行阿 ぎょうあ

?-? 鎌倉-南北朝時代の和学者。
源光行(みつゆき)の曾孫。源親行(ちかゆき)の孫。聖覚(しょうかく)(源義行(よしゆき))の子。正和(しょうわ)3年(1314)家学の「源氏物語」研究をうけつぐ。家伝の「水原抄」や「原中最秘抄」を増補・完成させ,祖父が藤原定家(さだいえ)の勧めで着手した草稿に補筆して「仮名文字遣(かなもじづかい)」をあらわした。「新千載和歌集」などの勅撰和歌集に4首はいっている。俗名は源知行(ともゆき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうあ【行阿】

鎌倉末期の歌学者・語学者。本名、源知行。家学の源氏物語研究を継承し、また祖父親行が起稿した仮名遣い書を増補し、「仮名文字遣」を撰述。定家仮名遣い、また行阿仮名遣とも呼ばれて、歌人の間で用いられた。生没年未詳。 → 仮名文字遣かなもじづかい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行阿の関連キーワード法親王(ほうしんのう)歴史的かなづかい和字古今通例全書野上下郷石塔婆定家仮名遣い大雅堂清亮南北朝時代定家仮名遣内山彦次郎かなづかい行阿仮名遣榊原芳野仮名遣い中原季時阿弥陀号源光行法親王和学者一行

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android