仮宮(読み)カリミヤ

デジタル大辞泉の解説

かり‐みや【仮宮】

天皇の行幸などのとき、仮にその地に設けられる宮居。行在所(あんざいしょ)。行宮(あんぐう)。
御輿(みこし)を臨時に安置する場所。御旅所(おたびしょ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりみや【仮宮】

天皇の行幸ぎようこうなどのとき、仮に設けられる宮居。行在所あんざいしよ。行宮あんぐう。 「 -を仕へ奉りて/古事記 中訓
神輿みこしを臨時に安置する場所。御旅所おたびしよ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮宮の関連情報