コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮宮 カリミヤ

デジタル大辞泉の解説

かり‐みや【仮宮】

天皇の行幸などのとき、仮にその地に設けられる宮居。行在所(あんざいしょ)。行宮(あんぐう)。
御輿(みこし)を臨時に安置する場所。御旅所(おたびしょ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かりみや【仮宮】

天皇の行幸ぎようこうなどのとき、仮に設けられる宮居。行在所あんざいしよ。行宮あんぐう。 「 -を仕へ奉りて/古事記 中訓
神輿みこしを臨時に安置する場所。御旅所おたびしよ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仮宮の関連キーワード雷丘(いかづちのおか)高宗(中国、南宋)白間津のオオマチコンスタンス2世垂水斎王頓宮跡室根神社大祭松浦宮物語三峯神社仲哀天皇仕へ奉る古事記行在所クリ朝倉行幸簸川頓宮宮居角鹿行宮

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮宮の関連情報