仮泊(読み)カハク

デジタル大辞泉の解説

か‐はく【仮泊】

[名](スル)艦船が一時的に停泊すること。「台風を避けて港内に仮泊する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かはく【仮泊】

( 名 ) スル
艦船が潮待ちや事故などのため、港内や沖合に一時的に停泊すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐はく【仮泊】

〘名〙
艦船が天候や事故などのために、港または沖合に、に停すること。
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)四月一八日「当日午後一時、艦隊は旅順口港外を去り、予定地点に集合して洋中に仮泊し」
② 仮の場所で宿泊すること。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉日本「業者思想」欧州に死す「おまけに、仮泊しているホテルのまえまで前任者に送ってもらっての降りぎわに」
③ 祭礼のとき、みこしが本宮から渡御し、お旅所に仮に鎮座すること。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉八月暦「神輿の海中渡御を行ひ、佃島月島上総澪を一周して月島十一丁目に上陸、仮屋に仮泊(カハク)し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮泊の関連情報