仮言的三段論法(読み)かげんてきさんだんろんぽう

精選版 日本国語大辞典「仮言的三段論法」の解説

かげんてき‐さんだんろんぽう ‥サンダンロンパフ【仮言的三段論法】

〘名〙 三段論法の一つ。前提に仮言的判断が入っているもの。たとえば、「AならばB」という命題と「Aである」という命題とから「Bである」という命題を導く推論
論理学(1916)〈速水滉〉一「仮言的三段論法とは〈略〉其の普通の形式は大前提が仮言的判断より成り、小前提及び結論定言的判断から成って居るものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仮言的三段論法」の解説

かげんてき‐さんだんろんぽう〔‐サンダンロンパフ〕【仮言的三段論法】

論理学で、三段論法の一。大前提仮言的判断で、小前提結論とが定言的判断となる。例えば、「もし乱開発が進めば自然が失われる」「乱開発が進んでいる」故に「自然が失われている」の。また、両前提・結論とも仮言的判断のものもある。仮言的推理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android