コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮言的三段論法 カゲンテキサンダンロンポウ

デジタル大辞泉の解説

かげんてき‐さんだんろんぽう〔‐サンダンロンパフ〕【仮言的三段論法】

論理学で、三段論法の一。大前提仮言的判断で、小前提結論とが定言的判断となる。例えば、「もし乱開発が進めば自然が失われる」「乱開発が進んでいる」故に「自然が失われている」の類。また、両前提・結論とも仮言的判断のものもある。仮言的推理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かげんてきさんだんろんぽう【仮言的三段論法】

〘論〙 普通、仮言命題を大前提とし定言命題を小前提として、結論を導く三段論法。例えば「もし S が P ならば、 Q は R である」そして「 S は P である」故に「 Q は R である」というもの(半仮言的三段論法)。両前提・結論とも仮言命題のもの(純粋仮言的三段論法)もある。仮言的推理。仮説的推理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮言的三段論法の関連キーワード肯定式と否定式後件肯定の虚偽前件否定の虚偽仮言命題

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android