仮言的三段論法(読み)カゲンテキサンダンロンポウ

デジタル大辞泉の解説

かげんてき‐さんだんろんぽう〔‐サンダンロンパフ〕【仮言的三段論法】

論理学で、三段論法の一。大前提仮言的判断で、小前提結論とが定言的判断となる。例えば、「もし乱開発が進めば自然が失われる」「乱開発が進んでいる」故に「自然が失われている」の類。また、両前提・結論とも仮言的判断のものもある。仮言的推理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かげんてきさんだんろんぽう【仮言的三段論法】

〘論〙 普通、仮言命題を大前提とし定言命題を小前提として、結論を導く三段論法。例えば「もし S が P ならば、 Q は R である」そして「 S は P である」故に「 Q は R である」というもの(半仮言的三段論法)。両前提・結論とも仮言命題のもの(純粋仮言的三段論法)もある。仮言的推理。仮説的推理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かげんてき‐さんだんろんぽう ‥サンダンロンパフ【仮言的三段論法】

〘名〙 三段論法の一つ。前提に仮言的判断が入っているもの。たとえば、「AならばB」という命題と「Aである」という命題とから「Bである」という命題を導く推論。
※論理学(1916)〈速水滉〉一「仮言的三段論法とは〈略〉其の普通の形式は大前提が仮言的判断より成り、小前提及び結論は定言的判断から成って居るものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報