仲代達矢(読み)なかだい たつや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲代達矢 なかだい-たつや

1932- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和7年12月13日生まれ。昭和27年俳優座養成所にはいり,30年「幽霊」で注目される。映画は31年「火の鳥」で本格的にデビューし,「人間の条件」でスターとなり,「用心棒」「椿三十郎」「切腹」などに出演。舞台では「ハムレット」「東海道四谷怪談」などがある。50年妻の宮崎恭子とともに無名塾をひらいた。平成17年「ドライビング・ミス・デイジー」で芸術祭大賞。19年文化功労者。26年長年の俳優活動と後進育成による演劇・映画界への貢献で朝日賞。東京出身。千歳高卒。本名は元久

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仲代達矢の言及

【劇団】より

…俳優座は48年に創作劇研究会を発足させ,三島由紀夫ら新進劇作家にも場を与えた。49年には演劇研究所を創立,付属俳優養成所を開校して,仲代達矢(1932‐ ),太地喜和子(1943‐92)ら数多くの新人俳優を世に送りだした。そして54年に戦後最初の劇団拠点劇場として東京六本木に俳優座劇場を建設した。…

【大菩薩峠】より

…第4回は大映の《大菩薩峠》三部作(1960‐61)で,監督は第1部・第2部が三隅研次,第3部が森一生,机竜之助には市川雷蔵,お浜・お豊には中村玉緒が扮した。第5回は東宝の《大菩薩峠》(1966)で,監督は岡本喜八,机竜之助を仲代達矢,お浜を新珠三千代が演じた。 これら5回の映画化のなかでは,内田吐夢版が仏教的な無常感を全編にただよわせて,原作の宗教文学としての側面を濃密に表現し,傑作とされている。…

※「仲代達矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲代達矢の関連情報