コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲小路廉 なかしょうじ れん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲小路廉 なかしょうじ-れん

1866-1924 明治-大正時代の官僚,政治家。
慶応2年7月3日生まれ。東京地方裁判所,東京控訴院の検事などを歴任。内務省警保局長をへて,明治39年逓信次官となる。第3次桂内閣と寺内内閣の農商務相をつとめた。貴族院議員,枢密顧問官。大正13年1月17日死去。59歳。周防(すおう)(山口県)出身。大阪開成学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲小路廉

没年:大正13.1.17(1924)
生年:慶応2.7.3(1866.8.12)
明治大正期の官僚,政治家徳山藩(山口県)出身。明治15(1882)年,大阪府立開成学校卒業。20年第3回判事登用試験に合格,23年検事となる。東京地方裁判所,東京控訴院などの検事を務めたのち,34年官界に転じ,逓信省官房長として逓信大臣後藤新平を助け,以後,後藤の信頼を得て官界に重きをなした。その後,内務省土木局長,同警保局長,逓信次官を歴任。44年,貴族院議員。大正2(1913)年,桂太郎による立憲同志会結成に参加。12年,枢密顧問官となる。

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

仲小路廉の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android