コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲小路廉 なかしょうじ れん

2件 の用語解説(仲小路廉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲小路廉 なかしょうじ-れん

1866-1924 明治-大正時代の官僚,政治家。
慶応2年7月3日生まれ。東京地方裁判所,東京控訴院の検事などを歴任。内務省警保局長をへて,明治39年逓信次官となる。第3次桂内閣と寺内内閣の農商務相をつとめた。貴族院議員,枢密顧問官。大正13年1月17日死去。59歳。周防(すおう)(山口県)出身。大阪開成学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仲小路廉

没年:大正13.1.17(1924)
生年:慶応2.7.3(1866.8.12)
明治大正期の官僚,政治家。徳山藩(山口県)出身。明治15(1882)年,大阪府立開成学校卒業。20年第3回判事登用試験に合格,23年検事となる。東京地方裁判所,東京控訴院などの検事を務めたのち,34年官界に転じ,逓信省官房長として逓信大臣後藤新平を助け,以後,後藤の信頼を得て官界に重きをなした。その後,内務省土木局長,同警保局長,逓信次官を歴任。44年,貴族院議員。大正2(1913)年,桂太郎による立憲同志会結成に参加。12年,枢密顧問官となる。

(西尾林太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲小路廉の関連キーワード山田春三徳山徳山藩徳山石赤松照幢木内重四郎笹尾正一柴田家門毛利元尭湯浅倉平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone