コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲小路廉 なかしょうじ れん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲小路廉 なかしょうじ-れん

1866-1924 明治-大正時代の官僚,政治家。
慶応2年7月3日生まれ。東京地方裁判所,東京控訴院の検事などを歴任。内務省警保局長をへて,明治39年逓信次官となる。第3次桂内閣と寺内内閣の農商務相をつとめた。貴族院議員,枢密顧問官。大正13年1月17日死去。59歳。周防(すおう)(山口県)出身。大阪開成学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲小路廉

没年:大正13.1.17(1924)
生年:慶応2.7.3(1866.8.12)
明治大正期の官僚,政治家徳山藩(山口県)出身。明治15(1882)年,大阪府立開成学校卒業。20年第3回判事登用試験に合格,23年検事となる。東京地方裁判所,東京控訴院などの検事を務めたのち,34年官界に転じ,逓信省官房長として逓信大臣後藤新平を助け,以後,後藤の信頼を得て官界に重きをなした。その後,内務省土木局長,同警保局長,逓信次官を歴任。44年,貴族院議員。大正2(1913)年,桂太郎による立憲同志会結成に参加。12年,枢密顧問官となる。

(西尾林太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

仲小路廉の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android