コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹酒 イタミザケ

大辞林 第三版の解説

いたみざけ【伊丹酒】

摂津せつつ(今の兵庫県)の伊丹で産した清酒。江戸時代を通じて最上酒とされた。伊丹諸白もろはく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

いたみざけ【伊丹酒】


兵庫県伊丹市周辺でつくられる日本酒江戸初期に摂津国鴻池村(現兵庫県伊丹市鴻池)の山中新六幸元が灰を用いて清澄する工夫を取り入れて諸白の製法を確立し、上方から江戸に荷を送り出す「江戸積み」を清酒で初めて成功させたと伝えられる。伊丹酒はこれにより、江戸中期にかけて代表的な上級酒として名をはせた。◇「伊丹諸白」ともいう。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の伊丹酒の言及

【清酒】より

…寛永年間(1624‐44)池田の満願寺屋は江戸への酒の輸送を馬より船に改善した。しかし18世紀に入り,近衛家御用酒の特権を背景とした摂津伊丹(いたみ)酒が生産高で池田酒を抜いた。伊丹では冬期のいわゆる寒(かん)づくりにより量産化がはかられた。…

※「伊丹酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊丹酒の関連キーワード池田酒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊丹酒の関連情報