コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸白 モロハク

4件 の用語解説(諸白の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もろ‐はく【諸白】

麹(こうじ)用の米と蒸し米のどちらも、よく精白したもので造った上等の酒。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

もろはく【諸白】

岡山の日本酒。酒名は、当時の食物を記した江戸時代刊行の「本朝食鑑」にある酒の古称に由来。酒質は濃醇。大吟醸酒、純米酒などがある。原料米はおとめごころ、山田錦など。仕込み水は丹後山系の伏流水。蔵元の「苅田酒造」は宝暦8年(1758)創業。所在地は津山市勝間田町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もろはく【諸白】

こうじ用の米と蒸して入れる米の両方に、精白した米を使ってつくった上等の酒。 ↔ 片白

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

もろはく【諸白】


日本酒の製法で、麹米(蒸して麹菌を培養し麹をつくる米)、掛け米(蒸して麹や酒母とともに発酵させてもろみをつくる米)のどちらにも精白した米を用いること。またこの製法でつくった上等な酒。現在は一般的な製法であるが、江戸時代までは精米技術がそれほど普及していなかったため、掛け米にだけ精白米を用いた片白呼ばれる濁り酒が主流であり、諸白は上等なものとされた。室町時代に奈良の僧坊で考案されたと伝えられる(南都諸白)。また江戸初期に摂津国鴻池村(現兵庫県伊丹市鴻池)の山中新六幸元が灰を用いて清澄する工夫を取り入れてこの製法を確立し(伊丹諸白)、上方から江戸に荷を送り出す「江戸積み」を清酒で初めて成功させたと伝えられる。伊丹はこれにより、江戸中期にかけて代表的な上級酒の産地として名をはせたが、同じ摂津国の灘で水車による精米技術が開発されると伊丹を上回る量を生産するようになった。⇒片白

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諸白の関連キーワード斜面培養酒薬酒麹白麹菌振盪培養深部培養槽静置発酵法表面塗沫培養法麹米と掛米日本酒の消費量

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸白の関連情報