コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予札 イヨザネ

デジタル大辞泉の解説

いよ‐ざね【×伊予札】

鎧(よろい)の小札(こざね)の一種。伊予の職人により考案された。多くは鉄製で、左右の両端を少し重ねてとじ合わせる。室町時代ごろから流行した。伊予小札。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いよざね【伊予札】

甲冑かつちゆうの札の一種。へりの部分を浅く重ねてつづるように作ったもの。甲冑を少ない枚数で軽くかつ安価に作れる。下卒用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伊予札の関連キーワード当世具足伊予胴丸胴丸腹巻腹当佩楯甲冑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊予札の関連情報