コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予田与八郎 いよだ よはちろう

2件 の用語解説(伊予田与八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊予田与八郎 いよだ-よはちろう

1822-1895 幕末-明治時代の治水家。
文政5年4月8日生まれ。養家は三河上野手永(愛知県岡崎市・豊田市)の代々の大庄屋。幕末に碧海(へきかい)・加茂一帯を開発するために矢作(やはぎ)川からの分水を計画。維新後岡本兵松(ひょうまつ)とともにその実現をはかり,明治12年着工。翌年完成させ,明治用水と命名された。明治28年2月27日死去。74歳。本姓は清水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊予田与八郎

没年:明治28.2.26(1895)
生年:文政5.4.8(1822.5.28)
明治用水開削者。三河国碧海郡阿弥陀堂村(豊田市)の清水伝右衛門の3男。幼少時に大庄屋で素封家の伊予田家の養嗣子となり,嘉永3(1850)年には上野手永1万1000石を管轄する大庄屋に任命された。この地域は矢作川右岸の低湿地で,年々水害に悩まされていた。万延1(1860)年の大水害を機に,岡崎藩の支援を得て,排水計画を練り幕府に申請したが,水路予定地の農民や,刈谷・福島両藩の反対にあって中断。廃藩置県後は碧海郡副郡長などを歴任しながら,排水計画の実現に努め,額田県・愛知県へ申請を続けたが,明治7(1874)年測量の結果,技術的に不可能と判断され,以後岡本兵松の用水計画と合体。同13年明治用水として完成した。<参考文献>『明治用水百年史』『上野町誌』

(林昌弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊予田与八郎の関連キーワード阿弥陀堂明治用水白水阿弥陀堂阿弥陀阿弥陀ヶ峰阿弥陀法岡本兵松加藤太兵衛(2)木藤八三郎都筑弥厚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone