コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐鉱山 いさこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊佐鉱山
いさこうざん

山口県美祢市伊佐町にある宇部興産石灰石鉱山。観光地として有名な秋吉台国定公園に隣接している。1946年8月宇部セメント工場に原料を供給する目的で開発され,1948年9月から出鉱している。地質は古生代石炭紀中期ないしペルム紀中期に属し,当時の海生有孔虫フズリナの化石が主体でフズリナ石灰石と称されている。採掘は初めは傾斜面採掘法であったが,1968年頃から階段採掘法に切り替えた。日本最大の石灰石鉱山で,隣接の伊佐セメント工場へ原料として供給し,他所へも売鉱している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

伊佐鉱山

山口県美祢市にある鉱山。石灰石を産出する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いさこうざん【伊佐鉱山】

山口県美祢市にある石灰石鉱山。鍾乳洞で知られる秋吉台に連なる古生層中の石灰岩層を,露天掘りにより採掘している。1996年には,セメント用,化学原料用,鉄鋼用,その他として880万tを生産した(日本第5位)。【山口 梅太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊佐鉱山の関連キーワード山口県美祢市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android