コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐頼母 いさ たのも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊佐頼母 いさ-たのも

1803-1886 幕末-明治時代の郷士。
享和3年生まれ。三条実万(さねつむ)にみとめられ,三条家領の山城(京都府)綴喜郡(つづきぐん)上津屋(こうづや)村の庄屋役となる。茶業を振興し,公共事業にも力をそそぐ。安政の大獄に連座した実万をかくまい,のち出家した実万につかえた。明治19年死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊佐頼母の関連キーワードナンバースクール岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグ若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android