コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条実万 さんじょう さねつむ

8件 の用語解説(三条実万の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三条実万

幕末の公卿。実美の父。号は源空。幼少より学を好み、典礼に通じ和歌・書を能くする。皇太后権太夫・学習院伝奏・内大臣等を歴任。のち将軍継嗣問題で、島津斉彬山内容堂らの説に賛し慶喜擁立を援ける。また日米修好通商条約調印に反対した。安政6年(1859)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんじょう‐さねつむ〔サンデウ‐〕【三条実万】

[1802~1859]江戸末期の公家。実美(さねとみ)の父。光格仁孝孝明の3天皇に仕え、朝権伸張に尽力。日米修好通商条約の勅許に反対して大老井伊直弼(いいなおすけ)と対立し、幕府より謹慎を命ぜられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条実万 さんじょう-さねつむ

1802-1859 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
享和2年2月15日生まれ。三条公修(きんおさ)の次男。母は一条輝良(てるよし)の娘。文化11年従三位にのぼり,文政7年権(ごんの)大納言,安政4年内大臣となる。日米修好通商条約の勅許に反対。将軍継嗣問題では,一橋派の中心として関白九条尚忠(ひさただ)と対立した。安政の大獄に際して出家。従一位。安政6年10月6日死去。58歳。贈右大臣。贈正一位。法名は澹空。手記に「三条実万手録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三条実万

没年:安政6.10.6(1859.10.31)
生年:享和2.2.15(1802.3.18)
幕末の公家。父は三条公修,母は一条輝良の娘。天保2(1831)年議奏,安政4(1857)年5月内大臣。同5年,日米修好通商条約調印,将軍継嗣問題を契機に,松平慶永,島津斉彬ら一橋派からの入説を受く。条約奏請のため上京した老中堀田正睦に,条約反対・徳川慶喜継嗣擁立の勅書が下るよう画策し,同年8月には条約調印を不満とする孝明天皇の意志に基づいて,水戸藩に幕政改革の密勅を降下すべく尽力。幕府との協調路線をとる九条尚忠を指弾し,関白の辞職を迫った。9月,老中間部詮勝の上洛に伴い志士の捕縛が進むなか,朝廷会議出席を辞退し隠棲,翌6年4月落飾・慎に処せられ籠居先の一乗寺村で没。

(保延有美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんじょうさねつむ【三条実万】

1802‐59(享和2‐安政6)
幕末の尊王攘夷派の公卿。実美の父。1831年(天保2)議奏,48年(嘉永1)武家伝奏を経て,57年(安政4)内大臣となった。翌58年3月に官を辞したが,とくに許されて朝議に加わった。徳川斉昭,松平慶永,島津斉彬と結んで将軍継嗣問題では一橋慶喜を推し,また青蓮院宮や近衛忠凞と親しく,幕府が奏請した日米修好通商条約の勅許には,積極的に反対した。さらに同年8月,幕府の条約調印は遺憾である旨を記した水戸藩あての勅諚(戊午の密勅)の降下にも参画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんじょうさねつむ【三条実万】

1802~1859) 江戸末期の公家。内大臣。条約勅許・将軍継嗣問題で井伊直弼と対立、安政の大獄により籠居ろうきよ・出家。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三条実万
さんじょうさねつむ

[生]享和2(1802).2.15. 京都
[没]安政6(1859).10.5/6. 京都
江戸時代末期の公卿。号は虚中,落飾して澹空と号した。内大臣公修の次男。嘉永1 (1848) 年武家伝奏となり,開国問題以後の朝幕交渉にたずさわり,朝権回復に努めた。将軍継嗣問題では一橋派と結び,佐幕派の関白九条尚忠を排斥。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三条実万
さんじょうさねつむ
(1802―1859)

幕末の公卿(くぎょう)。享和(きょうわ)2年2月15日清華家(せいがけ)三条公修(きんのぶ)の子として京都に生まれる。幼名千代麿(ちよまろ)。1824年(文政7)権大納言(ごんだいなごん)、31年(天保2)議奏(ぎそう)、48年(嘉永1)武家伝奏(でんそう)、57年(安政4)内大臣を歴任。翌58年日米修好通商条約の勅許問題が生じると勅許反対の立場で朝議を動かし、また前後しておきた将軍継嗣(けいし)問題では一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)を推し、朝廷内の一橋派の中心人物となった。大老井伊直弼(いいなおすけ)が条約無勅許調印を強行すると、それに対抗して水戸(みと)家への勅諚(ちょくじょう)発出に尽力し、佐幕派の関白九条尚忠(くじょうひさただ)の排斥運動を行った。そのため安政(あんせい)の大獄に連座し、59年落飾、慎(つつしみ)に処せられ、同年10月6日病死した。[毛利敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三条実万の言及

【梨木神社】より

…京都市上京区にあり,三条実万(さねつむ),三条実美(さねとみ)父子をまつる。実万は幕末の外交政策刷新などに活動し,孝明天皇に信任されたが,安政の大獄に際して落飾した。…

※「三条実万」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三条実万の関連キーワード三条公修三条公富三条季晴正親町三条公高一条輝良三条公茂三条公親三条実重三条実親三条実冬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三条実万の関連情報