玉名(読み)たまな

精選版 日本国語大辞典「玉名」の解説

たまな【玉名】

[一] 熊本県北西部の郡名。かつては玉名市荒尾市も含まれていた。貝塚古墳が多い。
[二] 熊本県北西部の地名菊池川の下流域にあり、有明海に面する。菊池川流域の米を集める河港として繁栄ノリ養殖が行なわれ、ミカンブドウなどを栽培。昭和二九年(一九五四市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「玉名」の解説

たまな【玉名】

熊本県北西部の市。菊池川の河港として発達。島原湾に面し、ノリの養殖やミカンの栽培などが盛ん。玉名温泉がある。平成17年(2005)10月、岱明(たいめい)町・横島町・天水町と合併。人口7.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android