コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊吹艾 イブキモグサ

大辞林 第三版の解説

いぶきもぐさ【伊吹艾】

伊吹山中に産するヨモギの葉で製した良質のもぐさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊吹艾
いぶきもぐさ

滋賀・岐阜県境にある伊吹山でとれるヨモギでつくった質のよいもぐさ。伊吹の赤団子(あかだんご)ともいう。伊吹山は平安時代から薬草の産地として知られ、同地産のもぐさは「伊吹のさしも草」として歌枕(うたまくら)にも使われている。しかし諸国に名産品として知られるようになったのは、江戸時代に入ってからで、中山道柏原(なかせんどうかしわばら)宿(滋賀県米原(まいばら)市)の艾屋亀屋の7代目の十兵衛が江戸・吉原で「江州(ごうしゅう)柏原伊吹山のふもと亀屋佐京の切りもぐさ」の俗謡を遊女に教え宣伝したことで、浄瑠璃(じょうるり)などにも取り上げられるようになったという。盛時には柏原宿の艾屋は十数軒を数え、このほか大津(大津市)、北国脇(ほっこくわき)往還春照(すいじょう)宿(米原市)、東海道沿いの梅木(うめのき)(栗東(りっとう)市)にも伊吹艾の店があったという。[渡邊守順]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

伊吹艾 (イブキヨモギ)

植物。キク科の多年草。ヤマヨモギの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

伊吹艾の関連キーワード山東(滋賀県)柏原(滋賀県)亀屋佐京浅井

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android