栗東(読み)りっとう

精選版 日本国語大辞典「栗東」の解説

りっとう【栗東】

滋賀県南部地名。かつては江州米産地として知られた。米作地帯。近年工場進出や住宅地化が著しい。国道八号(中山道)と国道一号(東海道)の分岐点にあたり、名神高速道路栗東インターチェンジがある。金勝(こんしょう)寺などがある。平成一三年(二〇〇一市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「栗東」の解説

りっとう【栗東】

滋賀県南部の琵琶湖南岸の平野にあり、道路交通の要地。南部に狛坂磨崖仏こまさかまがいぶつがある。人口6.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android