コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈長三(2代) いな ちょうざ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊奈長三(2代) いな-ちょうざ

1781-1858 江戸時代後期の陶工。
天明元年生まれ。初代伊奈長三の長男。常滑(とこなめ)焼ではじめて轆轤(ろくろ)を使用したひとりとされ,茶器,酒器をつくる。天保(てんぽう)年間に板山土をつかい白泥焼を創始。のち火色焼(藻掛け),火襷(ひだすき)焼を考案した。安政5年6月5日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は長三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊奈長三(2代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android