コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈長三(2代) いな ちょうざ

1件 の用語解説(伊奈長三(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊奈長三(2代) いな-ちょうざ

1781-1858 江戸時代後期の陶工。
天明元年生まれ。初代伊奈長三の長男。常滑(とこなめ)焼ではじめて轆轤(ろくろ)を使用したひとりとされ,茶器,酒器をつくる。天保(てんぽう)年間に板山土をつかい白泥焼を創始。のち火色焼(藻掛け),火襷(ひだすき)焼を考案した。安政5年6月5日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は長三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊奈長三(2代)の関連キーワード藩学一覧安政の大獄鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone