コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈長三(2代) いな ちょうざ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊奈長三(2代) いな-ちょうざ

1781-1858 江戸時代後期の陶工。
天明元年生まれ。初代伊奈長三の長男。常滑(とこなめ)焼ではじめて轆轤(ろくろ)を使用したひとりとされ,茶器,酒器をつくる。天保(てんぽう)年間に板山土をつかい白泥焼を創始。のち火色焼(藻掛け),火襷(ひだすき)焼を考案した。安政5年6月5日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は長三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊奈長三(2代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android